« 変身する家 | メイン | 植物の冬支度 その1 »

be-windowの再塗装 その1

wr01

2011年の4月に1階入り口のbe-windowを塗装する際に、2階デッキへの出入り口の窓枠も塗装したのだが、紫外線が強いせいかあっという間にひび割れが出来てしまった。

  wr02

前回は割れ目にパテを詰めて平らにしてから塗装したのだが、パテも浮いてしまって全然役に立っていないようだ。

wr03  

まずはサンダーで塗装を剥がす。

日がよく当たる窓枠の下の方は簡単に塗装が剥がれたが、日が当たりにくい庇の下の方は塗装がしっかりしていてなかなか剥がれない。

  wr04

今回は下地処理としてオスモカラーウォーター・リペレントを塗ることにした。ウォーター・リペレントとは文字通り訳すと防水剤だが、能書きには防虫・防腐・防カビと書いてある。透明の液体で、防虫・防腐など有害な薬剤成分を含んでいるためか、強烈な有機剤の刺激臭がしてキシラデコールといい勝負だ。

wr05
 

マスキングテープを貼ってから、ウォーター・リペレントを塗る。乾燥に12時間かかると書いてあるので、今週はこれで時間切れ。

こうやってみると、外壁のキシラデコールも随分薄くなってきているので、これもそのうち塗り替えなければならない。大変だあ。

 

 

コメントを投稿

About

2012年12月10日 19:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「変身する家」です。

次の投稿は「植物の冬支度 その1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35