メイン

13)プロジェクト アーカイブ

2010年11月29日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクトその1

stst01

薪ストーブをがんがん焚いても部屋の温度は27〜28度、天井付近で30度前後である。この空気をサーキュレーターで動かしても、寒冷地では家全体を暖めるのには十分とはいえない。

ストーブの煙突の周りはもっと高温になっているので、これをうまくコントロールして床下暖房に利用してやろうというのが今回のプロジェクトの狙いだ。

いきなりストーブの廃熱を床下にぶち込んで、火事になってもこまるので、
1)廃熱取り出し装置試作 2)温度のチェック 3)床上での配管 4)床下への導入という順序で実験していこうと思う。

1)廃熱取り出し装置試作
煙突から熱を取り出すのに二重煙突を買って利用しようかとか鉄板を曲げてチェンバーをつくろうかとか考えたのだが、とりあえず燃えないゴミで捨てようと思っていたキシラデコールの一斗缶を利用してみることにした。

まずは缶切りで上面をくりぬき、側面にフランジ用の穴などを開けてから、焚き火をして塗料分を入念に燃やした。

 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクトその1" »

2010年12月09日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクトその2

図1. 実験装置(クリックすると大きな画像をみることができます)

前回、煙突から出したフレキの先に150φ-100φのレデューサーをつなげ1mの100φのボイド管をつなげた(図1)。
これは現在土間から縁の下に、100φの空気取りの穴が基礎に開いているのでそれを利用するためだ。今回の温度計測点1はそのレデューサーの手前に60cm150φのボイド管を付けてそこに「温度とり」というデータロガーのセンサーをいれているので、図1とはちょっと違っている。
1m100φのボイド管の後ろには、再度レデューサーを入れ、その先に4m150φボイド管を3本繋げ、その先にダクトファンを入れて空気を引っ張っている。

ボイド管を150φにしたのは、
1)100φのまま空気を20m近く引っ張ると、抵抗が大きい。
2)ダクトファンの風量が100φのものが150φの1/2しかない。
3)OMのダクトのように200φのものを使うと床下で身動きがとれなくなる。
以上、3つの理由による。
 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクトその2" »

2011年01月19日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクトその3

  hainetsu01

エントツにかぶせた集熱部分を一斗缶からガルバリウムで作ったものに代えてみた。
ガルバリウムは3尺x3尺のものをホームセンターで900円くらいで売っていた。
厚さは1mmなくベコベコなので、アルミアングルで骨組みを作って、それにビス止めした。

一斗缶に比べ集熱部分は倍くらいになっているのだが、出てくる温度はそれほど変わらない。温度計の位置によって測定値が大分変化するので、吹出し部分の温度計もボイド管に穴をあけてそこに入れてみた。

もう一度計測してみると、ストーブの温度が200度くらいのときに、エントツ取り入れ口から2m位の場所で、68度、吹き出し口の温度は38度くらいであった。

2011年01月24日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その4

chamber00

今までは、ダクト内の温まった空気をダクトの先端に取り付けた給気用換気扇で引っ張っていた。
今回はエントツ部からアルミのダクトで2m位の位置にチェンバーを作ってその中に、排気用の換気扇を入れて温かい空気を押し出すようにしてみた。
とりあえず、排気用換気扇としてボルネード733というサーキュレータを流用した。

ボルネードのサーキュレータの風量は733という型番は不明だが、一つ下の630というタイプで10.14立法m/分だから608.4立法m/時という計算になる。一方、三菱の給気用換気扇は110立法m/時。

風量が随分違うので、スイッチを入れるとぐんぐんと温度が上がりあっという間に、チェンバーの温度が80度近くになる。凄い!! しかし、これではサーキュレータのモーターが危ないので、次回はチェンバーの位置をもう少しエントツから離した位置にして実験してみようと思う。

 

2011年02月08日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その5

insul00

今回はチェンバーの位置をエントツから8m位離して実験してみた。
すると、エントツから3m地点での温度が50〜70度、ダクト出口付近の温度が18度〜35度位になる。出口までの間に30〜35度温度が失われていることになる。
温度計の数を増やしてもう少し詳しくみると、大体4mのダクト当たり10度強温度が失われていて、これは先の測定値とも一致する。

熱交換部分の面積を一斗缶から3尺のダクトに変えても余り出口温度が変わらないのは、ダクト部分での熱損失が大きいからだ。近くのカインズホームに行くと、ダクト用の保温材というのを売っていたので、それを巻いてみた(写真の銀色の筒です)。150φx7500mmで約7000円もする。アメリカでは48ドル(4000円弱)位なのだが、送料がばか高いので日本で買った方が安いようだ。

早速、温度を測ってみると、4m当たりで2度位しか温度が下がらない。保温の効果は抜群である。

 

2011年02月22日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その6

dctfan01

予備実験でいろいろなことが分かってきたので、ダクトを床下に入れるべく最終段階のテストを行った。
今まではダクトの送風にボルネード733というサーキュレータを利用してきたが、これをそのまま床下に入れるのも長時間運転したときに不安があるので、送風ファンを代えてみた。

設計の佐賀井氏の助言に従って、中間ダクトファンというものに変更だ。三菱電機のシロッコファンを使ったV-23ZM5 中間取付形ダクトファン 低騒音タイプというものを買ってみた。今までの家電品に比べて値段も2万円代前半とかなり高価だ。消音タイプというのもあったが、あとからサイレンサーを取り付けられるのでまずは低騒音タイプにした。

風量は強・弱2段切り替えで、それぞれ600立法メートル/時と420立法メートル/時だ。
ダクトを床下に入れる状態に切って配管し、恐る恐る弱のスイッチを入れると実に静かだ。。
ダクトの周りには断熱材は巻いてないが、ストーブ温度180度で、エントツから4m離れたダクト直前の温度が35度、そこから10m近く離れた吹き出し口の温度が31度近くある。

う〜む、今までダクト4m当たり10度以上温度が下がっていたのは風量が足りなかったせいなのか。ダクト出口の風量も今までの送風機と違って大分多いようだ。大分希望が湧いてきた。来週はいよいよダクトを床下に入れるように頑張ってみよう。

 

2011年02月28日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その7

ugheat01

すでに床上でシミュレーションをやっているので、床下の配管は楽勝かなと思っていたが結構大変で今週中には終わらなかった。
やはり一番ネックになるのは、根太のあるところは45cmくらいしか高さがないので、寝っ転がって作業するしかないこと。床下の移動は匍匐前進。床下のコンクリートは冷え切っていて身体に堪えますね。

写真正面に光って見える箱が中間ダクトファンで、天井から吊るすものを上下反転して床置にした。
左の方に光って見える蛇腹がy字管で分岐したダクトを床上に吹き出させるためのもの。

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その7" »

2013年03月19日

回廊大作戦 その1

cloister01

これは我が山荘の二階の図面である。
トイレの奥に納戸があるため、現在はトイレの間仕切り(赤矢印)が無く、一階の寝室にトイレの音が筒抜けなのだ。先日もオーストラリアの友人が泊まったときは、しょうがないので一階のトイレまで用足しに行く羽目になった。

それも不便なので、トイレの間仕切り工事をして音漏れを防ぐことを考えた。すると、奥の納戸に行けなくなるので、新しく通路を作る必要がある。
そのためには、壁(青矢印)をぶち抜いたり、既にある本棚や棚を切り詰めたりしなくてはならず、結構な大仕事となる。これが大作戦という名前の所以である。

 

続きを読む "回廊大作戦 その1" »

2013年03月25日

回廊大作戦 その2

cloister05

納戸の床板がどこまであるのか確認するため、壁の下地をはずす。これは予め枠を組んでから入れてあるので外すのが結構大変だ。奥と手前とかなり長い釘で固定してあるので、その釘を抜くだけでかなりの作業量である。

 

続きを読む "回廊大作戦 その2" »

2013年04月01日

回廊大作戦 その3

  cloister03

今週は手前の本棚を切り詰めるところから始まった。
棚板はビスケットで固定してあるので、外して切ることができないの。この状態のまま丸ノコで切ると、結構キックバックがあって怖い思いをしましたね。本棚の下の床板は日焼けしていなくて、こんなに色白だったのが分かる。

 

続きを読む "回廊大作戦 その3" »

2013年04月09日

2階トイレ壁プロジェクト その1

2fwcw01
  納戸の棚を撤去して回廊は目出度く開通し、納戸にも陽の光が差しこむようになった。そこで、こちらはひとまずお休みして2階トイレ壁プロジェクトに移る。

先ずは回廊大作戦でぶち抜いた壁の角材を利用して、壁の下地の枠づくりだ。

天井が3寸勾配で斜めになっていたり、換気扇のダクトがあったりと前途多難である。そうそう、防音もどうするか考えなくてはいけないなあ。

 

2013年04月15日

2階トイレ壁プロジェクト その2

2fwcw02

壁枠が出来たので、先ずは便器側面の下地板を貼る。
天井に勾配があったり、梁がとびでていたりするので、結構微調整に時間をとられますね。

 

続きを読む "2階トイレ壁プロジェクト その2" »

2013年04月23日

2階トイレ壁プロジェクト その3

2fwcw06

 壁は外側から①石膏ボード ②遮音シート ③合板の順になっている。全部一枚板で換気扇のダクトを通したかったのだが、石膏ボードと合板は便器が邪魔をして一枚板では入らないので二枚に分けた。

③の合板でダクトの位置の当たりをとって、自在錐で100φの穴を開けることで、穴通しの難問は解決。ただし、石膏ボードは合板をネジ止めするときに手がぶつかって折れてしまったのが残念だ。

 

続きを読む "2階トイレ壁プロジェクト その3" »

2013年05月07日

2階トイレ壁プロジェクト その4

2fwcw10

もうひとつの防音作戦、グラスウールに挑戦する。グラスウールは体のそこら中がちくちくしたりするので余り好きではないのだが、この際使えるものは何でもやってみようという意気込みで・・・・・・

最近のグラスウールは防湿気密シートの袋に入っていて作業しやすくなっているのだが、つい超特価というキャッチフレーズに目が眩んでロール状のものを買ってしまった。まあ、外壁と接する所に使うのではないので、結露の心配はないと思うのだが、一応防湿気密シートなるものも慌てて追加発注した。
 

続きを読む "2階トイレ壁プロジェクト その4" »

2013年05月08日

2階トイレ壁プロジェクト その5

2fwcw12
   グラスウールの施工が完成したので、まずは下地板を張る。これも1枚板だと天井や便器のタンクが邪魔をして入らないので分割しなければならない。結局、上部の三角の部分も入れると4分割になってしまった。

続きを読む "2階トイレ壁プロジェクト その5" »

2013年05月09日

2階トイレ壁プロジェクト その6

2fwcw15
  2Fのトイレはお客が使うことがあまり無いので、石膏ボードのままでもよいのだが、結構継ぎ目が多いので、壁の内側だけ塗装することにした。
ついでに今まで、一階の天井裏との仕切りが無かった部分も巾木で塞いだ(矢印)。

まず下地処理としては、パテでネジ穴と継ぎ目を塞ぐ。

続きを読む "2階トイレ壁プロジェクト その6" »

2013年05月13日

2階トイレ壁プロジェクト その7

2fwcw17    いつもは下塗り用のシーラーなど使わないのだが、石膏ボードはシーラーを塗らないとうまく塗装できないようなので、今回は水性カチオンシーラーというものを使ってみた。

ニッペの水性カチオンシーラーには透明と白色と2種類あるようだが透明のものを発注した。ただし、透明のものはどこまで塗ったか分かりにくいので、白色のものの方が良いかもしれない。

確かにシーラーで下地処理すると、ペンキのノリが良いようだが、まだちょっとムラがあるので、来週もう一度上塗りをしてみるつもりだ。

2013年05月21日

2階トイレ壁プロジェクト その8

2fwcw18
   今週は新しい基礎型枠を見学に行ったりして余り時間がなかった。石膏ボードの継ぎ目のパテが盛り上がっている部分をヤスリで削って、もう一度水性ペイントを塗り直して時間切れとなった。

正面の壁は大分継ぎ目が目立たなくなったが、向かって右の部分は光が斜めから当たっているせいもあって、まだ継ぎ目が目立ちますね。まあ、仕上げ用のパテを塗ってないのでこんなものかもしれない。

換気扇を取付け額を飾って、9割は完成した。あとは、ウォッシュレットのリモコンとトイレットペーパーホルダーの取り付けが残っている。

家内からは1階の音漏れトイレも何とかしろというリクエストが出てきて・・・・・・

2013年06月05日

回廊大作戦 その4

cloister16

工業デザイナーの秋岡芳夫さんが、「日本人の持ちやすい大きさというのは、コップも茶筒もビール瓶もほぼ同じ大きさの直径80mm前後」と何かに書いていたような気がした。多分「暮しのリ・デザイン 」あたりだったと思うのだが、本箱をひっくり返しても見つからない。
webで調べると、他の本にも同じようなことを書いているのが見つかった。

という訳で、手摺りの横木は80mmくらいに2x4材をリッピングして、角をルーターで丸めた。縦の柱は東京の家の廃材のレッドシダーを使ったので、横木のホワイトウッドと随分色が違うが、まあ、柿渋でも塗ってもう少し色を濃くして見るつもりだ。

 

続きを読む "回廊大作戦 その4" »

2013年06月17日

回廊大作戦 その5

cloister18

手摺りに柿渋を塗ってみた。以前は倍に薄めて2回塗っていたのだが、今回は原液1回塗り。
縦の部分との色の違いが余り目立たなくなった。

さて、あとは納戸への入口の引き戸を作れば、回廊大作戦は終了する。

 

2013年06月20日

ベランダ改築作戦 その1

akabane15

東京の家のベランダの手摺りまで分解したところで、工務店に再見積を出して貰ったが大して安くならない。
それなら全部解体してやろうという気になってきた。
しかし、駐車場の上にあって柱も余り建てられず斜めの部分があるため、110x220もある太い梁を使っている (赤矢印)。当然すごい重さだ。おまけにこれが部分的に腐っているから尚更厄介だ。

まずは、斜めの大梁を支えている梁の部分(青矢印)をジャッキアップしておいて、大梁を取り除く。

 

続きを読む "ベランダ改築作戦 その1" »

2013年06月24日

ベランダ改築作戦 その2

akabane30

今週末は工務店の都合で土曜にベランダを改築することになった。
まずは、尚建築工房の佐賀井さんが書いてくれたスケッチを元に、sketchupで図面を作る。
斜めに梁を出すといろいろ面倒なので、三角の部分は切ってこじんまりと四角いベランダにする。

 

続きを読む "ベランダ改築作戦 その2" »

2013年07月02日

デッキ用テーブル・プロジェクト その1

sellipse01

東京の家のツーバイ材の廃材でデッキ用テーブルを作ることにした。
ツーバイ材の厚さは通常38〜40mmなのだが、廃材を調べてみると38mmと34〜35mmのものがある。

アメリカではデッキの床板に5/4インチ(26mm)厚のものを使うようだが、34〜35mmというのはそれとも違う。いくら何でも38mmから4mm近く縮むわけもないし不思議だ。

まずは、ツーバイ材を貼り合わせるため側面を5mm程度リッピングしてみたのだが、ツーバイ材は結構曲がっていたりして、貼り合わせようとすると間が開いてしまう。
これは困った。ジョインターがあれば一発で基準面が出るのだが、生憎持っていない。

「そうか、基準面を持ったものを取り付けてやれば良い!」ということに気がついて、合板の切れ端をビス止めしてリッピングした。これで真っ直ぐな基準面ができるので、それをフェンスに合わせれば平行な板ができる。
 

続きを読む "デッキ用テーブル・プロジェクト その1" »

2013年07月03日

ベランダ改築作戦 その3

akabane37

防水用のブチルテープを使いきってしまったので、ちょっと作業が中断していたがベランダのスクリーンと床板張りが完成した。

 

続きを読む "ベランダ改築作戦 その3" »

2013年07月08日

デッキ用テーブル・プロジェクト その2

sellpse03

ツーバイ材をもう一枚足して、1500x900mmと縦の幅を100mmくらい伸ばした。その理由はそのうち説明しましょう。

 

続きを読む "デッキ用テーブル・プロジェクト その2" »

2013年07月11日

正直者のイス その1

armchair.gif

木工製品のイスは、競いあうようにシートや背もたれにカーブを付けて座りやすくしている。
自作の場合はそうすると、木取りもちょっと厄介だし、曲がりをつけるのも大変だ。

まずは、曲がったことはしないというコンセプトで、デッキ用のイスを考えてみた。
名付けて、曲がったことはしない「正直者のイス」。

 

続きを読む "正直者のイス その1" »

2013年07月16日

正直者のイス その2



最初に書いた図面では、肘掛けの部分を削ったりしなくてはならないので、少し修正した。参考にしたのは、ハンク・ギルピンというオッサンのガーデンチェアだ。

どんなオッサンかは、こちらのインタビューをご覧ください。

具体的には、背もたれの部分を止めるのに、後ろに一本支えの棒を入れ、背もたれをおよそ10度後ろに傾けることにした。さて、うまくいきますでしょうか。

2013年07月17日

正直者のイス その3

armchair01

イスの素材は、例によって東京の家のベランダの廃材。その廃材であるレッドシダーを38x40mmの角材にリッピングした。座面、背板、肘掛け部分は、4x4の柱を20〜30mmにリッピング。一部釘跡などが目立つところもあるが、一皮剥くと思ったよりきれいだ。

まずは、側面の脚のフレーム部分。脚はポケットホールで繋ぐ。

 

続きを読む "正直者のイス その3" »

2013年07月22日

デッキ用テーブル・プロジェクト その3

superellipse02

今回はデッキ用テーブルをスーパー楕円テーブルに変身させる。
このホームページで目的のスーパー楕円がどんな感じになるのか、シミュレーションが出来るところまでいったのだが、問題はそれをどうやって実現するかだ。 

まずは型紙を作るところから始める。
eのパラメータを180度(デフォルトは360度)にすると、縦半分を表示することが分かった。90度にしても横半分にはならないので、縦長のスーパー楕円の型紙を作る。

更に左下の"Download as PDF file"のところで、A4縦、1:1にすると素晴らしいことが分かった。
 

続きを読む "デッキ用テーブル・プロジェクト その3" »

2013年07月29日

デッキ用テーブル・プロジェクト その4

trim00

今回はジグソーでざっと切ったテーブルを、テンプレートを利用してルーターでキレイに仕上げる。
活躍するのはパターンビットとかトリムビットと呼ばれているルータービットだ。
ベアリングが刃の下についているものと上に付いているものとがある。まあ、どちらから見るかによるのだが、刃の下に付いている方をトップベアリングビット、上についているものをボトムベアリングビットという。

まあ、トップベアリングビットの刃の長いものがあれば、ツーバイ材を一発でトリミングできるのだが、私が買ったビットは1インチの長さしかない。そこで、最初トップベアリングビットで削った後、板をひっくり返してボトムベアリングビットで残りを削る作戦だ。
 

 

続きを読む "デッキ用テーブル・プロジェクト その4" »

2013年07月30日

正直者のイス その4

armchair11

正直者のイス(左)が結構好評だったので、それに気を良くしてボルト止めしないバージョン(右)も作ってみた。
マイナーチェンジなので、正直者のイスver.1.1だ。
変更点は、以下の3つ。
1)ボルト止めは、やめる。
2)接合部分はポケットホールで止める。
3)ポケットホールで止めやすいように、フレームの幅を38mmから45mmに変更。

 

続きを読む "正直者のイス その4" »

2013年08月05日

正直者のイス その5

armchair14

今回はちょっと宗旨替えして、座席と背もたれのフレームを相欠き接ぎにすることにした(赤丸で囲った部分)。

 

続きを読む "正直者のイス その5" »

2013年09月02日

1Fトイレ防音化プロジェクト その1

1fwc01

我が家の一階のトイレは、居間と接しているのだが、そこで来客とお茶を飲んだり食事をしたりしているときに、トイレの音が漏れてきて、極めて評判が悪い。

どうも、客人は私がセルフビルドでやっつけたものと考えているようだが、れっきとしたプロが設計し施工したものである。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その1" »

2013年09月23日

正直者のイス その6

hchair20

ボルト止めの分解できるタイプのイスをそとに出しておいたら、雨に打たれたり日にさらされたりで、ボルトが緩んで左右方向にグラつくようになってきた。

力いっぱいボルトを締めると、ボルトが木にめり込んで余りよくない。

本当は木で筋交いを入れたかったのだが、そうすると継ぎ手などを使わなくてはならないので、アルミの板を使うことにした。18mm幅 4000mm長のアルミ板がホームセンターで1100円也。

まずはクランプで止めてその効果を確認する(一番最初の写真を撮り忘れました)。
また、水準器で脚の垂直もチェックしておく。

 

続きを読む "正直者のイス その6" »

2013年10月07日

1Fトイレ防音化プロジェクト その2

1fwc10

 蚤虱馬の尿する枕もと (のみしらみ うまのばりする まくらもと)
芭蕉の奥の細道にこんな句があるが、我が家のトイレは馬の尿ならぬ人の尿の音が筒抜けで洒落にもならない。

ビス止めのビスを全て抜いてみたが、壁の部分は少しも外れる気配がない。左上のところに少し隙間があるので、そこにノミを入れて少し削ってみた。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その2" »

2013年10月23日

1Fトイレ防音化プロジェクト その3

mg01

遮音シートを貼ったあとどうするか悩んでいたのだが、水洗タンクと壁の隙間を実際に測ってみると35mmくらいあった。
そこで、まず25mm厚のロックウールの吸音ボード(MGボード)を張り、その上に9.5mm厚の石膏ボードを貼ることにした。

吸音ボードは、上に石膏ボードを貼るので、ガラスクロス貼りでなく裸のものを使用する。裸のものはガラスクロス貼りの半分くらいの値段である。
届いた吸音ボードはずしりと重く、20kg近くあるのではないだろうか。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その3" »

2013年10月29日

1Fトイレ防音化プロジェクト その4

hingeddoor01   吸音ボードを貼ったあと、9.5mm厚の石膏ボードを貼る。
水洗タンクとの隙間はわずかしか無かったが、何とかクリアできた。しかし、長い石膏ードは壁が邪魔をして入らないので、3つの部分に別れてしまった。

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その4" »

2013年11月05日

1Fトイレ防音化プロジェクト その5

hinge10.jpg  

 トイレの開き戸は、遮音シートやロックウールを入れるので結構重くなる。
ヒンジも3つつけた方が良いかなと思ったら、真ん中につけるヒンジはドアの反りを防ぐためで、重量を支えているのは一番上のヒンジのようだ。3つつけるなら、真ん中ではなく上の方につけた方が良いという説もある。

写真はbe windowのヒンジだが、確かに上のほうに2つついていますね。
では取り付ける位置はどこにしたら良いかとwebを調べてみると、これがもうマチマチで困ってしまうのだ。

これとかあれとか、その他・・・・・・

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その5" »

2013年11月07日

1Fトイレ防音化プロジェクト その6

hingedoor05    いよいよフラッシュ戸の製作に移る。
まずは、sketch upで図面を書いてみる。
開口部は幅600mm,高さ2066mmあるが、ドアはそれよりも上下左右4mmづつ短くした。それにしても随分細長いなあ。

横桟の間隔は600mmのロックウールの吸音パネルを半分に切って使おうと思うので、300mm。

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その6" »

2013年11月08日

1Fトイレ防音化プロジェクト その7

hingedoor08

ボール盤を持っていないので、25mm厚の板に径21mmの穴を真っ直ぐあけるのは難しい。手持ちの道具で垂直に穴を開けらられるのはルーターしかないので、それを使うことにした。

幸いドアノブを取り付ける部分は、38mmと40mm厚の板を合わせてあるので、80mmの深さの穴を開けないでも済む。両側から穴を彫るようにするば、長さ20mm強のビットを使えば良いだろう。

横から開ける穴は径21mmの穴を少しオーバーラップさせて、その間をノミで削って楕円にしろとの指示がある。施工のしやすさというのも設計のうちだが、このドアノブの設計者の頭にはそんなことは入ってないようである。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その7" »

2013年11月11日

1Fトイレ防音化プロジェクト その8

hingedoor11

フラッシュ戸の骨組みに、遮音マットを貼りその上から4mm厚のシナベニアを貼る。

写真は内側から見ているので、黒く見えているのが遮音マット。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その8" »

2013年11月20日

1Fトイレ防音化プロジェクト その8

hingejig03

ドアスタンドと丁番用ジグが出来たので、あとは実行あるのみ。

丁番用ジグをクランプで固定する。丁番の位置は、一番上が上から6インチ(152mm)、更に6インチ空けて二番目、三番目は下から9インチ(229mm)とした。
また、丁番は長さ89mmのものを使用し、向こうの端から5mm余裕をとれるようにジグのフェンスを調節してある。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その8" »

2013年11月21日

1Fトイレ防音化プロジェクト その9

hingejig07

吊り元にも丁番用の溝を掘る。
こちらで使うジグは今までドアに使ってきたのとは対称形のものだ。ドアを上から3mm開けることを考えてジグの切れ込みまでの長さを6インチ(152mm)+3mm=155mmにしてある(矢印)。
 

重いルーターを不安定な姿勢で使うのは大変だ。こういうのはやはり小型のトリマーがあれば良いのだろうが持っていないのでしょうがない。

ルーターを片手でしっかりとジグのそばに固定しておいてスイッチを入れると、どうしても反動が強くて支えきれないので、予めスイッチを入れてからルーターをジグに合わせることになる。
これも注意しないとジグを削ったりするので、緊張しますね。

2つ目の溝は6インチ(152mm)間隔をあけて、同様に削る。

 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その9" »

2013年11月25日

1Fトイレ防音化プロジェクト その10

hingedoor20

ラッチ側の壁は、30mm厚と18mm厚のランバーコアが接着されている。
ドアのツラは18mm厚の表面(青矢印)であっているので、18mm厚のランバーコアをドアを受ける柱の分---38mm(赤矢印)だけ切り欠きを作らなくてはならない。

ジグソーは使えないし、丸ノコのプランジカットもガイドが右側にくるから、上から下へ切るので危なくて使えない。
 

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その10" »

2013年11月26日

1Fトイレ防音化プロジェクト その11

hingedoor24    壁(A)に幅38mm 奥行き18mm 長さ2065mmの切り欠きが出来たので、その部分にドアの受け側になる柱(B)を入れ込む。なお下に見える赤線(矢印)がドアの表側のツラになる。

柱(B)は何の木を使うか迷うところだが、ホームセンターで手に入るのは杉かSPFくらいしか無い。杉は6枚組のしかなかったので結局SPFの2x6にする。しかし、ホームセンターのツーバイ材というのは、何で曲がったのや捻れたが多いんでしょうねえ。まあ、B級品なんだろう。

この2x6を幅105mm 長さ1065mmにリッピングし、片側には幅15mm 奥行き24mmの切り欠きを作る。

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その11" »

2013年12月03日

1Fトイレ防音化プロジェクト その12

wcwall01
   トイレ前方の壁はベイシンがついていて、内側からはいじれないので、外側から攻めていく。

左側の壁はシナベニアがビス止めしてあったので簡単に外れたが、右側の壁は下半分だけビス止め、上半分はエアーガンで釘止めされているので、釘締めで釘を打ち抜いてはずすしかない。まったくこれをやった大工は何を考えているんだろう。

まずは遮音シートをタッカーで止めていく。タッカーの針がシナベニアから飛び出てしまうかと思ったが大丈夫だった。

左側の壁は配線もあるので、作業が大変だ。

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その12" »

2013年12月10日

1Fトイレ防音化プロジェクト その13

wcwall04  

 トイレ前方の壁に、吸音材を貼る。深さが70mmくらい有るので、まず、余っていたグラスウールを詰めてから、ロックウールの吸音ボードを貼った。

これで、トイレの音が寝室まで響かなくなった。いやはや、トイレプロジェクトは随分長い時間かかってしまったが、得ることも多かった。

プラス思考でみると、セルフビルダーにとって良い設計者というのは、どこか抜けているような人が良いのかもしれない。随分勉強になりましたからね。

2013年12月17日

1Fトイレ防音化プロジェクト その14

wcwall05    やっと塗装までこぎ着けた。カチオンシーラーで下塗りし、パテでネジの頭などを埋めたので、扉のシナベニアの継ぎ目などは何とか目立たなくなった。
塗装は真っ白だと目にキツイので、ウォームグレー という85%くらいの明度のものを使っている。

続きを読む "1Fトイレ防音化プロジェクト その14" »

2014年12月03日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その8

insulation10

我が霧想庵には薪ストーブの廃熱を利用した温風暖房装置があって、その数カ所に温度計が設置してある。
ストーブの温度が200度くらいのときに煙突から2m地点のダクトの温度が58度、6mくらい離れたダクトファン手前の温度が55度、15mくらい離れた寝室下のダクトで40度くらいになる。
ダクトファン手前の温度低下が3度くらいなのに、ダクトファンの後では15度近くも低下している。

縁の下に潜って確認してみると、写真の点線部分のダクトが断熱材を巻かずにそのままになっていた。断熱材を使いきってしまったので、そのままになっていたのだ。

 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その8" »

2015年01月13日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その9

blower01

以前、床下放熱器を風呂の脱衣場の床上放熱器にした。今回はその放熱器の下の床に穴を開けて、ストーブの廃熱利用の空気を分岐させてやろうというアイディアだ。

ストーブの下までは、余っていた75mmのvu管で分岐して廃熱の空気を持ってくることにする。吹き出し口にはシャッターをつけて、空気の流れをオン・オフするため、vu管の直径よりも少し大きめのカップリングが入る大きさの穴(矢印)を開ける。

 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その9" »

2015年01月14日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その10



廃熱の吹き出し口シャッターで参考になったのがこのビデオ。
こちらは集塵機用の吸込口だが、これを逆転の発想で吹き出し口に使ってやろうという作戦だ。

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その10" »

2015年01月15日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その11



ビデオで紹介したシャッターに少し改良を加えて、スケッチアップで図面を書いてみた。

あとは、150mmφの本管からどうやって75mmのvu管を分岐させるかだ。同じ径のy字管ならあるが多分異径のy字管はないだろう。


2015年01月19日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その12

blower06

150mmφの本管に直接穴を開けて、そこに75mmの管を繋ぐ方法もあるが、狭い縁の下で加工するのはちょっと不可能だ。

そこで、予めy字管を作っておいて、本管の一部を切り取ってすげ替えるという作戦でいくことにした。

y字管は以前150mmφのものがあったので、それで分岐したあとレジューサーで直径を縮めてやろうと思ったが、ホームセンターに行ったら100mmφのy字管しかない。

無ければしょうがない、自分で作るしか無い。まず、150mmのボイド管に先週買った自在錐で穴を開けた。
 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その12" »

2015年01月20日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その13

blower11

シャッターは、ベースを11mmのポプラ合板、その他の部分を4mmのシナベニアで作った。

スターエムの自在錐はきれいな円が切れて気持ちが良い。
ただし、4mmのシナベニアに穴を開けるときは、センタードリルを薄板用に交換したが、刃がなかなか食い込まないので、結局厚板用に取り替えて開けた。

また、刃が両脇についていて、これが同じ円周上ではなく刃の厚さだけずれて、回転するようになっている。何ということはない目的とする直径は1枚の刃で切っているわけだが、直径の大きさにかかわらず刃の厚さだけずれて切るというのは意味があるのだろうか。

 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その13" »

2015年01月27日

薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その14

blower14

脱衣場の温度がどのくらいになっているのか2チャンネルある温度計をつけてみた。
矢印の位置がダクトの開口部である。大体ストーブの煙突から12m位の位置だ。

温度計は上がダクトの温度、下が室温を示している。
脱衣場は狭いからドアを閉めておけば室温が20度くらいにはなっている。ドアを開けておくと今まで一番温度が低かった、トイレの前あたりも大分暖かくなる。

 

続きを読む "薪ストーブ廃熱利用プロジェクト その14" »

2015年02月03日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その1

echest01

もう下駄を履かなくなって久しいのに、下駄箱という名前だけは生きている。不思議だなあ。カタカナ好きの設計者のみなさんは、何と呼んでいるのだろう。

さて、玄関を入ってすぐの土間に置く下駄箱とコートハンガーの組み合わせを作ることにした。
コートハンガーのバーをX軸方向に作ると、奥行きが600mmくらいは必要となる。
一方、下駄箱のほうはそんなに奥行きを必要としないので、コートハンガーのバーを奥行方向につけることにして、奥行きは400mmとした。
高さは東京の家のものを参考にして、1460mm。

まずは、sketch upで図面を描く。
横幅は丁度柱から柱までで、1105mmとなる。一番下の箱の右側が削れているのは、もう床がたちあがっているからである。

 

続きを読む "下駄箱/コートハンガー プロジェクト その1" »

2015年02月04日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その2

echest04

枠となるパーツだけダクトテープで固定して仮組みしてみた。
合板などの大きなパーツは大体ホームセンターでカットしてもらっているが、昔に比べると随分正確になったものである。

以前だったらカットするときに、1〜2mmの誤差がありますけどいいですねと聞かれたり、カットする人によってもばらつきがあったりしたものだが、最近は安心してお願いできるようになりましたね。

 

続きを読む "下駄箱/コートハンガー プロジェクト その2" »

2015年02月06日

スガツネ スライドコートハンガー

echest08

ハンガーを奥行き方向にかけると、一番奥のものが取り出しにくい。
そこで、ハンガーレールが手前に引き出せる金具を注文した。

スガツネのスライドコートハンガーは、UH型とWH型と2種類あってWH型の方が安い。
ちなみに400mmのものは、UH型が定価2916円(税込み)WH型が1596円(税込み)と1000円以上も違うので、迷わず安い方に決める。

販売店別では私の好きな京都の河長が1596円(税込み)+配送料864円で計2460円。
モノタロウが1790円+配送料500円 計2290円(税別)=2473円(税込み)。

河長は配送料がちょっと高いが、月曜に注文して火曜の朝には届いていた。モノタロウは税別表示なので、ちょっと注意しないといけない。やはり消費税8%は効いてきて僅差で河長のほうが安かった。
 

2015年02月16日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その4

echest13

今週はカメラを山荘に忘れてきてしまったので、写真なしのレポート。

ドアはフラッシュ戸にするので、芯材を何にするか考えなければいけない。
今までは東京の家のバルコニーの廃材(レッドシダー)をリッピングして使っていたが、それも尽きてしまったので、ホームセンターで探す。

4mm厚のシナベニアを両側に貼るので、厚さを20mm程度に抑えるには12mm厚の材料が必要だ。いろいろ見たがホームセンターでは、選択肢はホワイトウッドくらいしかない。
しょうがないので、1x4と1x6のホワイトウッドを12mm厚にリッピングして使うことにした。まあ、外で使うのではないから、悪評の高いホワイトウッドでも大丈夫だろう。

それにしても、円安の影響はホームセンターにも出てきて、何だか材木の値段が先週よりも上がっているようだ。アベノミクスの影響は、こんなところにもじわじわと浸透してきているのである。
 

2015年02月17日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その5

echest14

棚板は結局、ポケットホールでつけることにした。
丁度手持ちの1インチ(25.4mm)のポケットホール用ビスが15mm厚の板にも対応していたからである。

予め棚板の四隅にポケットホールの穴(赤矢印)を開けておいてから、棚板の下に170mmのスペーサー(青矢印)を入れて棚板をネジ止めする。スペーサーを上に移動してこれを繰り返す。
ポケットホールというのは、接着剤なしでもしっかりと固定できるので便利ですね。

棚の一番下は長靴が入るように2段分空けたが、6段の棚があっという間に仕上がった。今週はフラッシュ戸を作る予定だ。

 

2015年02月23日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その6

echest15

今週はいよいよフラッシュ戸作りだ。
まず、芯となる枠組みを作る。

 

続きを読む "下駄箱/コートハンガー プロジェクト その6" »

2015年03月02日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その7

echest20    厚さ20mmのフラッシュ戸が2枚完成したところ。
縁取りはルーターで角を丸めた。

続きを読む "下駄箱/コートハンガー プロジェクト その7" »

2015年03月09日

下駄箱/コートハンガー プロジェクト その8

echest23

まず、フラッシュ戸の縁取りとシナベニアとの隙間などをパテで埋める。メーコー 万能パテ というのが水性で使いやすい。ラワンの目止めは、むかしは砥の粉でやっていたが、最近はこの万能パテを水で薄めて使っている。

塗装はウォームグレー 。真っ白より落ち着いた感じがする。何故かインターネットより近所のカインズの方が安かったが、最近は全般に値上がりしているのでどうだろう。
 

続きを読む "下駄箱/コートハンガー プロジェクト その8" »

2015年03月16日

工具用の棚 part3 その1

sshelf01

端材が大分貯まって邪魔になってきたので、その整理もかねて下駄箱/コートハンガーの上に工具用の棚を作ることにした。
まずは奥行き300 長さ1106mmの棚板を作る。
15mmや18mm厚の板でこの大きさのものはない。また合板を買うと端材が増えるばかりなので、15mm厚の合板で枠組みを作って、その上にベニアを貼ることにした

骨組みはポケットホールで止める。このビデオに出ていた(5分13秒付近)jigが便利そうなので、それを作って枠組みを作る。ネジ止めをするときは、やはりクランプで止めたほうが確実だ。
 

続きを読む "工具用の棚 part3 その1" »

2015年11月30日

クローゼット プロジェクト その1

closet10

収納スペースが手狭になってきたので、クローゼットを増設することにした。
増設するといっても、クローゼットはハンガーを掛けるため奥行きが600mmもあるので、場所をどこにするかが問題だ。

いろいろ考えたすえに、居間と台所の壁ぎわに設置することにした。横幅は壁板1枚と柱1本の幅だから、1104mm。高さは2198mm。

壁際には、電源コンセント、電灯スイッチ、床下暖房コントローラーなどもあるので、これも移動しなくてはならない。まあ、自分で配線したから、そんなに難しいことではない。

まずは、sketchupで図面を描いてみる。左の側板が飛び出ているのは、そのうち謎が解けるでしょう。
 

2015年12月01日

クローゼット プロジェクト その2

closet12

使用する材料は、高さが2480mmもあるので、4x8尺の合板。4x8尺の長手の寸法は2440mmくらいなので、少し継ぎ足すしかない。天井はそれ程重さがかかるわけではないので、18mm厚の合板とする。

ホームセンターには、4x8尺のシナランバーは置いてないので(ジョイフルホンダも置いてなかったなあ)、割りきってラワンランバーを使うしかない。

今回から使用する材料費もメモしておくことにする。
24mm厚4x8尺ラワンランバー 6980円
18mm厚3x6尺 3480円
ハンガー用ステンレスパイプ(25mmφ)2.4m    1880円
同ソケット 2セット               248円
ニッペ 水性エコファミリー 0.7L ウォームグレー 1580円
う〜むペイントはカインズのほうがamazon より安いですね。
 

続きを読む "クローゼット プロジェクト その2" »

2015年12月07日

クローゼット プロジェクト その3

  closet19  

 暮れは雑用が多くてなかなか仕事がはかどらない。おまけに思わぬ伏兵まである。
扉が開く位置に天井ライトの配線があって邪魔になるため(矢印)、梁に溝を切ってケーブルを埋め込んだ。

そんなこともあって、今週はハンガーレイルを2つとりつけ、クローゼットの床板を張り、床下暖房のコントローラーの配線をやり直ししたところで時間切れとなってしまった。

ドアを作るのは来週に持ち越しだ。

2015年12月14日

クローゼット プロジェクト その4

closet20

クローゼットのドアは548x2220x21mmと結構大きい。ラワンランバーやシナランバーで作るとかなりの重さになるので、太鼓張りのフラッシュ戸にする。

フラッシュ戸は何回か作ってきたが、今回は枠組みにパネルを貼ってからエッジバンディング(縁取り)をするのではなく、左右の枠組みをT字状に削ってそこにパネルをはめ込む方式にする。高さが2m以上あって天地は見えないので、その部分の縁取りは省略。
 

続きを読む "クローゼット プロジェクト その4" »

2015年12月21日

クローゼット プロジェクト その6

closet28

フラッシュ戸が完成したので、スライドヒンジ用の35mmφの深さ12mmの穴をルーターで開ける。穴の位置は縁から9mm。

 

続きを読む "クローゼット プロジェクト その6" »

2015年12月22日

クローゼット プロジェクト その7



クローゼットの下の方に作る引き出しをとりあえず、sketch upで描いてみた。
縦の仕切りは25mm厚の合板、その他は11mm厚のポプラの合板とした。

2016年01月05日

クローゼット プロジェクト その8

closet34

結局引き出しの枠板はボックスジョイントで組むことにした。
また、底面から5mmのところに溝を切って(矢印)、厚さ4mmのベニアの底板をはめ込む。

 

続きを読む "クローゼット プロジェクト その8" »

2016年01月13日

台所用の棚 その2

kshelf03

以前作った台所用の棚が手狭になってきたので、拡張することにした。

今棚の右側にある電源用のコンセントを窓際まで右に寄せて、すでにある棚も右に移動し、その間に新しい棚を作る作戦だ。

続きを読む "台所用の棚 その2" »

2016年01月14日

台所用の棚 その3

kitchencabinet03

まずは以前の棚の縦の仕切り板を取り払って、その段に早速作ったshelf pin jigで棚ダボ用の穴を開ける。

shelf pin jigの右側の板は幅210mmなので、これを使うとshelf pinの最初の穴が下から230mmのところに開けられる。
 

続きを読む "台所用の棚 その3" »

2016年01月18日

台所用の棚 その4

kitchencabinet09

扉は高さ1208mm 幅415mm 厚さ21mmのフラッシュ戸とする。厚さ21mm幅45mmの芯材を両脇はT字に削って縁取りにする。上下は見えないので4mm厚のシナベニアの木端をそのままにしておく。

 

続きを読む "台所用の棚 その4" »

2016年03月02日

木製ファイル・キャビネット その1

filecabinet01

スチール製のファイルキャビネットの置き場に困って、クローゼットの横に置いてみたのだが、どうもしっくりこない。
しょうがないので、木製のファイルキャビネットを作ることにした。

まずはsketch upで図面を描いてみる。高さ700mm 幅417mm 奥行き600mm。
天板をどうするかとか細かいところは、現場を見ながら少しづつ修正していくつもりだ。

 

2016年05月10日

郵便ポスト その2

post12

実際に作るときに迷ったのが、板は何を使うかだ。合板で作るのが一番簡単そうだがポストは雨ざらしになるので、塗装をしても合板では長持ちしないだろう。

そこで、内張りは余っている15mm厚のラワンランバーや12mm厚のポプラ合板で作って、外張りを杉板で作ることにした。

霧想庵の外壁は杉板を本実継ぎで貼って有ある。本実継ぎにするには板の片側にルーターで溝を切ってもう片側を凸状に削らないといけなくて結構面倒だ。

そこで、もう少し手間のかからない相じゃくり継ぎで加工することにした。

 

続きを読む "郵便ポスト その2" »

2017年03月22日

正直者のイス その7

honest01

今、日本では正直者でない政治家が増殖中であるが、こちらは正直者の椅子である。

冬にはバラして片付けられるようにと、ボルト締めにしたのだが、どうしてもボルトが緩んできてガタツキ気味になる。また、一番の誤算は、冬にはバラすなんて面倒くさいことはしないということであった。
そこで、ボルト締めはやめにして、ダボと接着剤で止めてしまうことにした。

 

続きを読む "正直者のイス その7" »

2017年03月27日

正直者のイス その8

honest05

塗装は油性ウレタンニスを使用する。1回目は薄め液で倍くらいに薄めて塗る。
ニオイがかなり強烈なので、とても家の中では塗れない。

 

続きを読む "正直者のイス その8" »

2017年05月15日

長手盆2017 その1

ntray01

埴 沙萠先生のところで、木を沢山いただいたので、スーパー楕円の長手盆を再度作ってみることにした。今回はbowl bitというのを買ったのでそれを試してみたかったからである。

 

続きを読む "長手盆2017 その1" »

About 13)プロジェクト

ブログ「Be-selfbuilders」のカテゴリ「13)プロジェクト」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは12) メインテナンスです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35