« 2018年01月 | メイン

2018年02月 アーカイブ

2018年02月01日

木馬とペット・33

rch%26p33.jpg

木馬の前足と下ステージの錘に繋がるピンの修理は簡単にできたが、ピン穴に引っかかるフックの修理は、完成間近で折れたり何度も作り直しで日にちを重ねてしまった。

失敗続きで腐っていた間、雑用とリハビリやその他、母親に処分して欲しいと頼まれた大量の文庫のチェックがあり、そのなかにあった一冊に佐伯泰英著【酔いどれ小藤次留書】シリーズ三冊目の「寄残花恋(のこりはなよするこい)」を読み出したら止まらなくなり、近所の図書館で一作目の「御鑓拝借」から順に、18作目「正宗遺訓」までと、青春編の【品川の騒ぎ】まで借りて、雑用の待ち時間等を使って夢中して読んでしまった。

主人公は赤目小藤次という名の、来島水軍流の剣の達人という設定以外は、矮軀のうえ容貌魁偉、老齢で大酒飲みの研師で職人というのが、何やら他人様とは思えず、魅了された点にある。

が、青年期から晩年に渡って並外れた大酒飲みの男に、病が現れないというのは現実離れも甚だしく、不満が無いこともない。

  ともあれ、「木馬とペット」の修理はその間に、粗忽とテンションの熱(?)が収まり、言い訳になってしまうが、それで冷静になって工夫がついたように思える。

2018年02月08日

木馬とペット・34

rch%26p34.jpg

木馬とペットの問題点が分かったので、慎重に分解した。

子供の乗った木馬の後ろ足と、ギアを繋いだ連結棒が太かったことと、木馬後ろの穴と連結棒との隙間が無かったのでここを前後に広げれば、浮き上がりが解消できるようだ。

老母と老妻の雑用が自分のも含め、少しづつ増えてきているので、カラクリ作業になかなか手が付けられない日が続いていた。

少しどころか、効率的な時間の使い方の見なおしを迫られている。


 

 

2018年02月12日

木馬とペット・35

rch%26p35.jpg

ようやく最終段階に入った。

可動部の穴を塞いだり、仕上げの磨きに時間がかかる。

当初の錘部分はすっきりしたが、錘部の基礎を剥がすときに、下ステージの壁と床を少し傷つけてしまった。

傷付いた箇所を塞ぐことと、この間延びした空間に何を入れるかを考えた。

でその後、色々な案をひねり出したが、 結局乳幼児が歩くのに使うカタカタや、木製の車が着いたアヒルのオモチャを作ることにした。

 

2018年02月19日

木馬とペット・36

rch%26p36.jpg

上ステージの木馬に乗った子供が、歩み始めた頃のサイズに想定したカタカタがようやく出来た。

カタカタのサイズは、左右21㎜x奥行き29㎜x天地33㎜。

極小サイズの部品を机からうっかり落として、探し回る時間の方が、制作時間より多かった気がする。

 

About 2018年02月

2018年02月にブログ「つだかつみのユーモリスト日和」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35