« 2020年04月 | メイン

2020年05月 アーカイブ

2020年05月04日

再・木馬とペット2

r-wh2.gif

【木馬とペット】の設計見直しから、部材選び、切り出しを初めてから丁度一週間経った。

その間右腕の酷使?が原因かもしれないが、痛くて腕が真上に上がらなくなる。

その挙句、右脇腹の筋肉痛が起きてしまった。

毎晩の風呂あがりにシップで今は随分と楽になり、日常作業中に聞く上方演芸テープも薬になっている。

笑福亭仁鶴、松喬、仁智、いとしこいし、カウスボタン、レツゴー三匹、Wヤング、コメディ№1、矢野兵動、こだまひびき、珍しいところでは、こん松せんべい、里見まさと亀山房代、ハイヒール等、名前を挙げだしたら・・・キリがない。

関西から関東に居着いた知人や友人からは誂われるが、今ではこのくらいのエグい笑いが、私には丁度良い。

2020年05月07日

再・木馬とペット3

r-wh3.gif

  今までオートマタ作品は、黒檀、紫檀、カリン、カキ、ブナ、ケヤキ等広葉樹を使っています。

作品作りで、人間に例えると高学歴の優等生木材だけでなく、私のようなダメ人生をたどってきたような訳の分からない木(?)で何かひとつ別に作品が作れないかと、そんな変な考えが何時も頭の隅にこびり付いていた。

数年前に何の気なしに、庭に転がっていた枯れ木を板状にカットしたら、意外と木目に味があったのを思い出したので、仕舞ってあった箱から取り出して今回の絡繰に使うことにした。

当時、自然木で面白い形状のエアクラフトを作るつもりで採っておいたもので、木の種類は分かりません。

それを犬の形にカットしてベルトサンダーで整え、腕や足の板を削っていたところ、あちこちに虫喰いの穴(写真右下)があった。

木の芯までは喰われてないが、樹皮に近い部分の外側はかなりダメージがある。

しかし味のある木目を手放すには忍びないので考えていたら、基本のオートマタの仕掛けの試作に、寄り道をしていたことにようやく気が付いた。

ガリガリと一直線に突っ走っていたら気が付かなかったところです。

ということでイチからやりなおしとなりました。

 

2020年05月16日

再・木馬とペット4

r-wh4.gif

あと小一時間で、仕掛けを接合して完成です。

が、仕上がりを急いで失敗を重ねてきた苦い経験があるので、小休止することにしました。

これは仕掛けだけの試作なので、多少雑になったのは否めません。

また、思いの外時間を食ったのは、名が分からない枯れ木や古木が思いの外脆く、結局使い物にならなかった。

今回この絡繰に限って言えば、向いていなかった。

この作品でのオートマタは(と、言えるか)何度も試したが、ギアを使わないので何か物足りなさを感じています。

 

2020年05月17日

再・木馬とペット5

r-wh5.gif

少し物足りなさが残る仕掛けの完成です。

今までの悪癖だった【懲りすぎ】て作業が前に進まないことより、 仕掛けをシンプルに変えたのをヨシとしなければ次の作業に移れません。

とは言え、加齢とともに腕は落ち、作業時間が短くなり、休憩時間が増えてきているのが情けない。

おまけにここ数日、極小パーツだけでなく、モノを床に落として探しまわる日が格段に増えた。

またこの仕掛に取り付けようと思っていた肝心のオルゴールが、いつも置いてある所から消えている。

・・・・クソっ!

2020年05月19日

再・木馬とペット6

wh6.gif

外出自粛が長続きしている。

こういう時は何処の家庭でも断捨離をしているのか、集積所のゴミの量が以前より多い。

私も一時期、断捨離を目指していた。

が、成功していたら今の生活から笑いが格段に減っていたと思う。

今の私は、同居している家族の辛い顔を見るのが嫌さに、 また自分の気が落ち込んだ時に聞く1000本近くのカセットに助けられていると思う。

現在繰り返し聞いているのは、昭和50年ころから平成10年までのラジオから録ったカセットで、特に上方演芸から、ポジティブ思考を貰っていることを実感しています。

で、断捨離なんぞ糞喰らえなのである。

  またこんな時こそ新生【木馬とペット】の仕上がりを目指せば良いんだが、振り子を付けただけでは完成ではないので、この後どうするか。

昔の一作目の完成写真を見ながら、 壁掛けアナログ時計風の振り子の仕掛けにアイデアが行き詰まっているので、上方演芸を聞きまくって、気分転換とします。

2020年05月29日

再・木馬とペット7

wh7.gif

  外出自粛の間、施設に入っている母と義母の誕生日だったが、会うことが出来ない。

義母は家から車で10分の距離、母は館林で共に施設の世話になっている。

昨日は義母の100歳の、先月末は母の94歳の誕生日だった。

理想は子や孫、ひ孫に囲まれた自宅での生活が当たり前だったはずなんだが・・・。

日本は、いや自分はどうなってしまったんだろうか。

緊急時とはいえ・・・ただただ申し訳ないの言葉しか出てこない。

  その忸怩たる思いのなか、 木馬とペット新規まき直し版設計図が完成した。

体調と相談して取り掛かってから10日もかかった。

何から何まで・・情けない。

 

 

About 2020年05月

2020年05月にブログ「つだかつみのユーモリスト日和」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35