« 秋の花々 2018その1 | メイン

秋の花々 2018その2

autflower18091

イヌタデ(アカマンマ)

wikipediaに「役に立たないという意味でイヌタデと名付けられた」とあるが、犬が怒るぜ。

 

autflower18092

ミズヒキ

ミズヒキの花ではなく小さな果実。埴 沙萠先生によると、ツノのように伸びているのはメシベで、これで衣服についてヒッチハイクをするとのこと。

 

autflower18093

シュウカイドウ

ベゴニア属なので、当たり前だがベゴニアに似ている。
黄色のオシベ?の部分は、ケーキのクリームを絞り出したようだ。
 

 

autflower18094

 コムラサキシキブ

北の庭に挿し木したコムラサキシキブがズンズンと大きくなって、沢山実をつけている。

 

autflower18095

シモバシラ

冬に立派な霜柱ができるシモバシラは、花の形といい後ろに見える実のつきかたといいシソに似ていますね。

 

コメントを投稿

About

2018年10月03日 09:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋の花々 2018その1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35