« キーボード復活せず | メイン | 卓上ボール盤 »

額装

pframe09

これは二月くらい前に作った額縁だが、よくみると額の中に入れた紙の両脇が見切れているのが分かる。
そこで、普通は額装マットなる枠を置いてこの見切れを隠している。この額装マットの枠は、45度の角度で切り抜かれていて、これを切り抜くマットカッターという特殊なカッターもある(額縁屋さんでは2万円以上もするカッターで注文に応じて切り抜いてくれる)。
まあ、額装なんてたまにしかやらないので、2千円以上だすのもばからしいなと思って、マットカッターが自作できないか考えてみた。

 

pframe10

まずは、普通のカッターを45度に傾けるための、カッターホルダーを考えてみた。芸をこまかく定規に当たる部分は直角にカットしてある(矢印)。その辺にころがっているダンボールで試し切りをすると、何とか切れた。
それでは本番というので、額装マットを買いに行ったのだが、今日日文房具屋というのが町から消えていて、わざわざ神保町の画材屋までいくはめになった。
2mm厚のボール紙?はなかなか手強くて、どうもうまく切れない。

 

pframe11

発想を転換して、「ボール紙でなく、もう少し柔らかいものなら何とかなるだろう」と思って買ったのがスチレンボード。よく建築模型なんかを作るのに使われているアレです。このamazonのスチレンボードは表に紙が貼って無くて、建築科の学生には不評だが、こちらはそんなの関係ないので、安くて便利。

 

pframe12

 切る仕組みも考え直して、定規の方を45度に切った板で代用(写真の撮り方がまずかったので、角度が分かりにくい)。カッターも45度に近づけるため、裸の刃を使った。

 

pframe13

色付きのボードだとあらが目立つが、白いボードだとまあ何とかなるんじゃないだろうか。見切れが無くなると、確かにいいですね。
さて、結論からいうと、きれいに切ろうと思ったら、やはりマットカッターが必要か・・・・・・でも、窓を45度に切る必然があるのかという疑問も。
 

コメントを投稿

About

2017年04月03日 09:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キーボード復活せず」です。

次の投稿は「卓上ボール盤」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35