アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35

2018年11月12日

どんぶり鉢のお稽古

bowl20

私の持っている木工旋盤では、棒状のものは挽けてもボウル状(ボールとまぎらわしいので以後どんぶり鉢)のものは挽けなかった。
チャックと呼ばれる、木を固定するものが無かったからである。

米国amazonでNOVA G3というチャックを89ドルで売っていたので、早速注文した。
お値段は、チャック本体89.99ドル、アダプタ17.93ドル、送料13.45ドル、計121.37ドル也。1ドルをちょっと高めに120円で計算しても、14,564円である。

同じものをオフコーポレーションで買うと、本体15,750円 アダプタ2,625円 送料712円 計19,087円だから、amazonの方が4,500円近く安い。

という訳で今週はどんぶり鉢のお稽古をした。参考にしたのは、FineWoodWorkingの
このページ
 

 

続きを読む "どんぶり鉢のお稽古" »

2018年11月07日

ヨドバシ

yodobashi01

これは大分前から言われていて、ご存知の方が多いかもしれないが、カメラ・家電などはamazonよりヨドバシの方が安いものがある。

一番良いのは、amazonでは安いものは「あわせ買い」とかいって、全体で2000円以上買わないと買えないものがあるが、ヨドバシでは安い電池ひとつでも無料で届けてくれる点である。

今回は120円のボタン電池を1個注文したのだが、その日の夕方にはポストに入ってました。これはなかなか便利ですね。

 

2018年11月06日

追跡サービス

usps01

今回、道具類を発注した会社は、運賃を次の3つから選択できるようになっていた。

1) Priority mail Express International, approx. 3-6 business days in transit, insured, trackable for $ 72.00
2) Priority Mail International, approx. 6-10 business days in transit, insured, trackable for $ 54.00
3) First Class International mail, no transit time available,  NOT INSURED, NOT TRACKABLE, NO REFUND IF LOST OR DAMAGED, for $ 29.00

まあ、29ドルという手もあるが、「紛失」「破損」という脅し文句があるので、追跡サービスのある54ドル(6,111円くらい)でいくとことした。

最近の追跡サービスは、「逐次報告」というのを選択すると、細かくメールで配送状況を知らせてくれる。以下がその報告である。
 

続きを読む "追跡サービス" »

2018年11月05日

Arbortech ball gauge

bgauge01

アメリカのhighland woodworkingというところで、Arbortechのball gaugeをいつもは109ドルなのに期間限定で89ドルで売っていたので、買ってみた。

オフコーポレーションで12800円で売っているので、この円安の折ちょっと迷うところだが、もうひとつバンドソーブレードも欲しかったのであちらで買うことにしたのである。

以前掘った生木のボールが大分固くなってきて、ノミではなかなか削れなくなってきたので、これで掘ってやろうという作戦だ。

まずは、ビデオを見てお勉強。
どうも寝かせて使うのがコツのようだ。

続きを読む "Arbortech ball gauge" »

2018年11月01日

3M防じんマスク

3m01

バンドソー、テーブルソー、サンダーなどを使うときは、かなり塵がでるので使い捨てのマスクをしているが、普通のマスクだと細かい塵は防ぎきれない。
そこで、3Mの使い捨て防じんマスクを買ってみた。1,885円也。

このマスクの良い点は、排気弁(矢印)がついていること。
普通のマスクだとメガネが曇って苦労するが、このマスクだと排気弁のおかげで大丈夫だ。ちょっとゴムがきつめの感じがするが、この程度きつくないと、周りから塵が入り込むのかもしれない。

 

2018年10月31日

ホウノキのまな板 その1

cboard21

埴 沙萠先生のところでいただいたホウノキを、バンドソーで製材してまな板を作ろうと思ったのだが、乾燥がまだ足りなかったのか大分反ってきた。

これは薄い方で厚さが20mm程度しかないので、このままプレイナーで削り直すと大分薄くなってしまう。そこで、半分に切断してからプレイナーで削り直す作戦である。

 

続きを読む "ホウノキのまな板 その1" »

2018年10月30日

ルーター・エッジガイド自作 その3

eguide04

前回ストレートビットの頭が、ベアリングを着けるためのネジが切ってあってうまく掘れないので、スパイラルビットのアップカットビットを買ってみた(アップカットビットとダウンカットビットの違いはこちら)。
超硬ビットだと5000〜10000円近くするので、ホゾ穴はそれほど多用しないで、とりあえずMLCSのHSS鋼製の1/2インチ径のものを購入。こちらだと1000円台で帰るのである。
 

続きを読む "ルーター・エッジガイド自作 その3" »

2018年10月29日

PVCパイプでイチゴタワー

stower01

イチゴは採れる季節が結構限られているのに、プランターをかなり占領してしまう。
そこで、発想を転換して垂直のイチゴタワーを作ってみた。
参考にしたのはこのページ

土間に転がっていたのは、直径100mmくらいのPVCパイプの切れ端2つ。これを継ぎ手で繋いで長さをかせぐ作戦だ。継ぎ手は近所のホームセンターで190円也。

まずは、50mmφのホールソーで穴を開ける。安物のホールソーなので切れ味が悪いですね。ボール盤で穴を開けるには、短いパイプの方がやりやすい。
 

続きを読む "PVCパイプでイチゴタワー" »

2018年10月23日

ルーター・エッジガイド自作 その2

mortise01

試しにストレートビットをつけて、ほぞ穴を掘ってみる。
まずは、ほぞ穴の両端を掘るのだが、私が持っているストレートビットは先端にベアリングが付くタイプなので、ベアリングを外しても、真ん中の刃がついていない部分は削れない。
 

続きを読む "ルーター・エッジガイド自作 その2" »

2018年10月22日

初ストーブ2018

stove1801

まだ室温は20度くらいあるのだが、寒気が急にやってきたのを口実にストーブを焚いてみた。
本当は木工で出た木っ端が貯まりすぎて、処理に困っていたのが・・・・・・

木工で出た木っ端は、薪に比べると乾燥度が高く水分が数%。あっという間に200数十度になる。ストーブ屋のオヤジが、「薪は一に乾燥二に乾燥」と言っていたのは当たっているなあ。

石油がとんでもない値段になっているので、薪ストーブはありがたい。