2019年02月19日

猫手の杖試作中

wsteck.gif

今まで使っていた右側の杖の取手が、度々床に倒していたのでグラついてきた。

使い心地も杖としてはやや重く、いつか造り直さなければならないと思っていた。

で、この杖の代替として、ネコ型の柄の完成を急いでいた。

削っては使い心地を試していたが、最近は作業のし過ぎで、右手親指の根本付近の筋肉痛が治らない。

完成には程遠いが、この弐工程くらい前の大まかな形の方が、使いやすかった気がしている。

このまま削り続けるか思案中です。

 

2019年02月08日

小作業台その2

s-stand2.gif

ここ半年間、作品が一つも完成していない。

ブログを見返していると、言い訳が見え隠れしている。

当初の目標をもう一度肝に叩き込んで(?)、作業時間を大幅に増やし、日頃の時間の見直しを検討しなければなりません。

体調は戻りつつあるが、本調子になるには時間がかかるようです。

ま、無理せず弛まず過ごしていくことにします。

 

2019年02月05日

小作業台

s-stand.gif

デジカメを棚から取り出す。

フラッシュメモリを装着する。

重量約10キロのこの小作業台を、作業部屋から隣の部屋の窓際へ移動してデジカメに収め、パソコンにホームページの準備をする。

たったこれだけの動作で、二時間以上かかっていて今はえらくしんどい。

小作業台の制作過程がカメラに収められなかった理由は、ただただ面倒なだけなのだ。

デジカメで撮る以外にも手間を省略したのは、この小作業台の脚。

中古の市販の座卓の脚をそのまま使っています。

以前から不便だった刃物研ぎが解消して、これからはノミや彫刻刀を研ぐ台にしたり、用途は多種多様に使えます。

これから台や把手、底面にニスを掛けます。

 

2019年01月28日

整理棚その4

toolbox2.gif

空きスペースだった机の下に、ようやく工具類の整理棚が収まった。

この整理棚の右側は、掃除機本体が鎮座していて、その手前はゴミ箱。

机下整理棚の全面は、足が入るスペースは十分に空いています。

目障りだった上から三段目までの小引き出しは、後日作ることにしました。

これでようやく、次のステップに進めます。

2019年01月27日

整理棚その3

toolsherf1.gif

作業道具や木工材料を整理する移動整理棚が、一応完成した。

この程度の箱の完成で、一ヶ月近く時間を浪費した勘定となる。

とりあえずはこれで、今まで手が付けられなかった作業が始められると思ったところ、上から三段ある引き出し横の空間も気になってきた。

どうでもいいようだが、引き出しを作らなければならない・・・かな。

・・・・ヤレヤレ(ためいき)。

2019年01月22日

整理棚その2

toolbox1.gif

部屋の模様替えのため、天井まで届く大きな本箱や中程度の本箱に収まっていた図鑑や資料などの本を移動したので、昨日の木工作業は休みでした。

作業用の整理棚はほぼ完成していたが、カメラに収める時間も取れず、リハビリを終えて帰宅後も別の部屋に本を移動していた為か、無理がたたって今朝は腰の痛みが若干出ている。

なにしろ、右腕一本だけで図鑑類や写真集を(山岳カラー名鑑など)一人で運ぶとなれば正直キツいのだ。

ところで今まで、探しもので時間を無駄にしていた道具類の引き出しの中身ですが、各段の一箇所に収納できた彫刻刀や自作のヤスリが収まっている。

これに収まりきれなかった使用頻度の低いモノは、物置の道具箱行きとなります。

四段目の引き出しの把手がまだ出来ていないが、これから作るか市販品の把手で間に合わすか思案中です。

2019年01月20日

整理棚その1

toolshelf.gif

仕事部屋に散乱している、工具や作りかけの作品を一箇所にまとめなければ、作品作りが前に進めなくなっていた。

彫刻刀、カンナ、ノミ、自作ヤスリ、黒檀やブナ、けやき、朴など小分けした木材や柘などの枝等々、箱や笊に閉まい忘れて、何処に何があるのか忘れほどの多さだった。

今まで作業中、必要な道具が見つからず、数時間どころか一日中探しまわり、何をやっていたか忘れて本を読み出したりして非常に効率が悪かった。

この整理棚も前々から作ろうと思っていたが、雑用や体調などの兼ね合いでなかなか手につかなかった。

で、ようやくここへきて完成の目処がついてきました。

写真は引き出し入れと棚兼用の整理棚の後ろ側になります。

2019年01月01日

2019年の年賀状

phoenix.gif

2019年の年賀状の絵は、ロバート・オルドリッチ監督の1965年のアメリカ映画『飛べ!フェニックス』にしました。

昨年の自分の体験から願いまで、まさにピッタリの映画でした。

砂漠のド真ん中で、不時着した貨物飛行機を改造して脱出するまで、乗客たちのスッタモンダの中心人物に、自称飛行機の設計士がいた。

結局化けの皮が剥がれるのだが、単発機を仕上げて、砂漠から脱出に成功するからファンタジーなんでしょうね。

もう数十年前に見た映画でしたが、未だに疑問が残っているのが、いくらファンタジー映画とはいっても、鉄の塊が砂漠から離陸が出来たことに納得できない自分がいます。

いくら想像してもやっぱりおかしい。

それ以上可笑しいのが、年賀状をポストに投函した後に、間違いを書いてしまったことが判明したこと。

病院に入院した時に、70度の熱があったと打って気が付きませんでした。

まだ病気のダメージが残っていたようです。

新年早々できの悪いジョークをばらまいてしまいました。

2018年12月12日

エアクラフトに制作転換

sopwith.gif

【羊牧場】は完成を急いだ結果失敗し、見直して見て設計に問題があったことが知れた。

また、制作途中だった数カ所も作り直しが出てしまった。

すでに作り終えた作品二点は、分解がえらく手間取ることと、 これから設計を最初から練り直ししなければならないことで、テンションが急に下がってしまった。

で、気分転換はエアクラフト作りで、気分一新をする。

写真は、左上からボーイング P-26 ピーシューター。隣がフォッカー D7。左下はソッピー 7F1.。この二点は複葉機。その横は左上と同じで、小さめのピーシューター P-26。

気分転換にこれ全部作る必要はないが、しばらくはよそ見しないで、エアクラフト作りに集中することにします。

2018年12月01日

未完成の【羊牧場】を完成させる・1

sheep-b.gif

仕事部屋の散らかり放題だった木片や、いずれ作品の一部にと思って保存していたお気に入りの枝等の苦汁の断捨離がようやく整理できた。

気が付くと今年もあとひと月。

今年もあっという間の一年だった。

整理が済んで、一息ついて、さて準備に取り掛かろうと仕分けしていたら、

この作品に作っておいたはずの猫が見つからない。

捨てるはずはないので、どこかにあるはずだが、また、探すのに時間がかかりそうだ。

 

 
 
 
                 

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35