2019年07月12日

続・牛肉の部位

beef1.gif

切り出しがほぼ終わった。

キッチリ嵌めこめたので、パズルパーツの部位を接着しなくて済みそうかなとも思う。

強引に突き進むと失敗する可能性大。

ここは慎重にいかなければなりません。

2019年07月09日

牛肉の部位

beef.gif

牛肉パズルを考えていたが、成形方法が見つからない。

で、各部位をカットした後、接着することにした。

牛の後方部のソトモモ、ランプ、ウチモモ、しんたま、トモスネの各部はまだカット出来ていない。

各部を接着したらパズルにならないが、成形出来なければいつまでたっても完成が見込めない。

モタモタ悩みながら把手作りを始めた頃に、R・D・ウイングフィールドの『フロスト警部シリーズ』の6作目「フロスト始末」にハマったのが運の尽き。

作品そっちのけで、リハビリや休憩の合間に1作目の「クリスマスのフロスト」から図書館で借り、気が付くとシリーズ全て読みきっていた。・・・猛省。

 

2019年07月07日

テーブルソーと布袋竹

tablesaw.gif

リハビリ仲間の方から、杖に使えそうな布袋竹がいっぱいあるから、使ってくれないか、というお誘いを受け、2〜30本ある布袋竹の中から数本、他に味わいのある枝を一本頂いてきた。

ここ数ヶ月、市販の丸ノコテーブルが欲しくて、だが、数年前自作の丸ノコテーブルで作業中、キックバックで、もう少しで大怪我する事があったので躊躇していた。

唯でさえ、右腕だけで作業なのに、このうえもしもと、グズグズ考えていたが、埒が明かないので結局先日手に入れてしまった。

作品完成に大幅な短縮が見込まれる魅力に負けてしまったが、後は自重と幸運のみ。

2019年06月21日

牛肉部位

beef.gif

次回作のオートマタの設計がやっと終わった。

この後はテーマに沿った部材選びだが、木を選んでいる時に目に入ったのが、作りかけの牛。

寄り道している時間はないのだが、うっかり手にとって気が付くとガリガリヤスリ掛けを・・・・。

こんな時はえてして失敗のもとと今までの経験から分かっていたのに、案の定大切な部位を折って失敗。

即中っ腹になってゴミ箱へ放り込んで、残りの大まかに成形した牛に取り掛かった。

落ち着いたところで、 この牛はオートマタを作っている間で作ることにする。

 

 

 

2019年06月13日

アカショウビンの杖・完成

r-capped6.gif

アカショウビンがようやく完成した。

仕上がりは勿論満足とは程遠いものです。

試作途中、今まで作品作りをいかに怠けていたかが、身に沁みてよく分かりました。

手元の道具類を使い熟していなかった事と、手入れを怠っていた事。

迷走続きで、この程度の小物に二週間近くもかかってしまったというわけです。

アカショウビン作りの小休止時間に、杖として使えそうな枝に、動物の把手を取り付けていた。

どういう形が使いやすいか色々試作していて、右から二番目の猫の把手が使いやすいことが分かった。

次に杖の完成はオートマタ作品作りの合間に、この猫の把手に取り掛かるつもりです。

2019年06月12日

アカショウビン・5

r-capped5.gif

アカショウビンに水性オイルステインで着色したが、異質な感じがしたので急いで剥がしてしまった。

色付けがケヤキの木目の美しさに負けているように思え、こんなだったら着色せずアカショウビンの嘴だけ、オイルステインでなくアクリルで色付けしたほうがいいかもしれない・・・と、どっちつかずの判断に迷っている。

アカザの杖にも着色したが、これは色味を間違えたので、この上から黒味のオイルステインか、もっと自然の風合いの色を塗ってみようと思っている。

2019年06月09日

アカショウビン・4

r-capped4.gif

杖の握り手にするアカショウビンの完成が見えてきた。

先日の水曜と木曜日は一日用事に追われ、造形作業が出来なかった。

その他の日も合間をくぐって、分厚い文庫本のR・D・ウイングフィールドの『夜のフロスト』は先ほどようやく読み終えた。

近年のテレビは、クイズや食べ物番組の他、必要もない知識を問う番組に加え、見る側を恥ずかしくするような野暮なCMが殆どなので、暇を見つけては本に齧りつく習慣が身についてしまった。

そんな訳で、把手部分を作っていて、ボンドが乾く合間の小休止に本に手を出して読んでいる始末で、大分完成が遅れていた。

アカショウビンの杖をはめ込む径は、前もって直径20ミリに開けてしまっていたので、最終的に選んだアカザの杖は若干細い。

で、把手がブレないように20ミリの木を埋め込む作業が一手間増えてしまったのだ。

この後、黒檀でアカショウビンの目を作ってはめ込み、水性着色剤でコーティングします。

2019年06月05日

アカショウビン・3

r-capped3.gif

その後の結果報告です。

最近ハマっているR.D.ウィングフィールドの『夜のフロスト』を読んでいると、いつの間にかアミ戸を開けようとココが夢中になって戸をひっかいていた。

愛猫ココはまたしてもトンズラこきそうな御面相なのだ。

勿論鍵は放蕩猫の目の前でガラス戸を閉めてロックしておきました。

私のしたことに不満タラタラで、この後足音荒く二階に駆け上がっていきました。

ヒッヒッヒ。

 

2019年06月03日

アカショウビン・2

r-capped2.gif

昨日の夕方、愛猫ココが家出をした。

先代の雲隠れの半蔵は全てに渡って私が世話をしていたので、常にそばに居たし夜など一緒に寝てくれたが、ココは家内と息子任せなので、世話をしない私には体に触らせてもくれないのだ。

が、かわいいことに変わりがなかった。

外出は度々あったが、一晩帰らなかったことは無かったので家内共々心配をしていた。

本日午後は用事があって先ほど帰宅した直後、見計らったように放蕩息子ココが帰ってきて胸を撫で下ろしたところです。

な、訳で本日午前中までのアカショウビンの成形の成果はここまで。

なにせこのケヤキは殊のほか固く、愛猫同様言うことを聞かないが、じっくり愛でることにしている。

2019年06月02日

アカショウビン型取り

r-capped.gif

昨日一日で型取りが出来ると思っていた。

ところがバンドソーの機嫌が悪く、1〜2㎝ほど切り込みを入れる度にホイールからバンドソーが外れ、調節の繰り返しで結局昨日は一面だけの切り込みで時間切れとなった。

今朝はマシンは如何かと機嫌を伺っい期待もしたが、本日もご機嫌斜めだった。

結局糸のこ盤や縦長ベルトサンダーを使わざるを得なくなり、三時過ぎにようやく型取りが終わった。

杖に差し込んで眺めているうち、水性オイルの着色剤を使ってアカショウビンに替えることにしました。

 
 
 
                 

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35